先日、クリスマス前に会社の女性陣が「女子力アップ」と称して、一生懸命おしゃれしたりネイルサロンに通ったりしていました。
みんなキラキラしていてとてもきれいです。
家に帰ってそのことを話すと、旦那から「女子力」ってそういうものなの?
ネイルをばっちりきめていても、そこって女性を見るポイントの多くを占めるわけじゃないとの辛口コメント。
それよりは、さりげなく気がきくとか、予想もしていなかった何かができるとか、そういうところが大事なのではないかと・・・。
ちなみにこんな例を挙げてくれました。
男性で眉を整えたりピアスをしたり外見を整えている男A君。
そんなにおしゃれそうには見えない眉ボサのB君。でも、B君と一緒に歩いている時に道に迷って困っている外国人に出会い、その時にB君が流暢な英語で道を教えてあげていた。
さて、A君とB君どちらが魅力的?
そう言われて、確かに女子たちが自分で思っているような「女子力」って男性から見てずれていることもあるんじゃないかな、と思いました。
気配りやコミュニケーション力なんかは一朝一夕に身につかないからこそ身につけることに価値があるのかもしれません。
私も品のある大人の女性を目指せたらなと思います。